Nikon Nikkor-S 50mm F1.4 オリンピックニッコール復刻版 Sマウント

      2016/04/14

01.jpg

今はもう手元にないんですが、そういえばブログで紹介していなかったレンズをポチポチと紹介していこうかと思います。
まずはオリンピックニッコール復刻版、ニッコール-S 50mm F1.4のSマウントです。
こちら、2000年にNikon S3が2000台限定で復刻されまして、そのボディーに付属していた復刻版レンズの単体です。
入手しようとするとほぼもれなくNikon S3の復刻版も付いてきてしまうんですが、凄く状態の良いレンズが単体で出ていたので昨年末の丸栄の中古カメラ市で入手しました。
それまでのNikkor-S 50mm F1.4や、Lマウントで出ているNikkor-S.C 50mm F1.4は3群7枚のゾナータイプなのですが、東京オリンピック当初にS3と共に出たオリジナルのレンズおよびこちらの復刻版はガウスタイプになっています。
コーティング技術も上がり、空気層でのコントラスト低下の問題も少なくなったので、ゾナータイプよりも画質的に有利なガウスタイプに変更されたんでしょうかね。
02.jpg
前玉は無傷でした。本当にレンズエレメントは新品同様。
ただ、枠にちょっとアタリがあり歪んでました。でも、フィルターの取り付けは問題なかったので良かったです。
03.jpg
後玉もピッカピカ。
あめ玉みたいにとても美しかったです。
04.jpg
絞り羽は9枚で、9角形で絞りこまれていきます。
油シミもなく美しいです。
05.jpg
付属だったフードやフロントキャップ、リアキャップも付属していました。
Sマウント用のリアキャップってレアなのでメチャクチャ高いんですよ・・・。
フードは本当にかる~くハマるだけなので付けたままカメラをぶら下げていたら紛失してしまいそうだったので、社外品のねじ込み式フードを付けていました。
06.jpg
ステッカーを見ると、分かる人にはどこで買ったか分かってしまいますねw
ただスポっとはめるだけのリアキャップは頼りなかったですが、オリジナルに忠実に復刻してるのでこういう形式なのでした。
肝心の写りは、特別感動的に良いか・・・と言われるとそうでもなく、プラナーのような、悪くも無いけど特別良くも無いかな~という感じでした。
個人的にはゾナータイプのNikkor-Sの写りのほうが断然良いと思います。
Rayqualの距離系連動Lマウント変換アダプターに付けて使っていましたが、最短距離でやや後ピンでした。
Rayqualさんのアダプターの精度は凄まじく高いので、これはレンズの癖なのでしょうね。
同じSマウント用として購入したSonnar 50mm F1.5 Limited Editionが素晴らしく、この復刻版オリンピックニッコールは出番が全然無かったのでヤフオクでドナドナしてしまったのでした。
手数料を入れても購入金額から全く損する事無く手元を離れて行きました(´ω`)
殆ど撮ってませんが、試写は下記になります。

amazon

 - カメラ・機材, レンズ