Leica Elmait-M 90mm F2.8 Black (フード内蔵) 11807

      2016/05/03

01.jpg
ライカのMマウントレンズ、エルマリート-M 90mm F2.8 フード内蔵型の黒鏡筒です。
え?シルバークローム鏡筒の持ってるんじゃ・・・?って方もいるかもしれませんが、持ってます(笑)
このレンズ、実に素晴らしいのですよ。
見た目、携帯性、描写、どれも満点です。
写りに関しては、アポズミクロン90mmに匹敵する解像度、ボケも美しいと非の打ち所が殆どありません。
シルバーは結構重たく、それが安定性を生み好きなんですけど、複数本レンズを持ち運ぶ時に身軽になりたい用の黒鏡筒なのです。
レンズの詳しい紹介に関してはこちらの銀鏡筒の記事を見ていただくことにして・・・、レンズを見ていきましょう。

 
02.jpg
前玉は非常に綺麗、というか傷一つありません。
この時代のレンズは殆どの方がフィルターを付けて使ってらっしゃるので前玉にキズがあるとかよっぽどありませんが。
レンズエレメント状態は極上なのです。

 
03.jpg
絞り羽根も油染みとかなくとても綺麗です。

 
05.jpg
もちろん新品で手に入れたわけではないので、ある程度の使用感あります。
内蔵型フードのエッジに少々スレが・・・。
スレてしまうと地金のアルマイトの銀色が見えてきてしまうのが黒鏡筒の嫌な所です。
実用上は何の問題も無いのですが。

 
04.jpg
手持ちの銀鏡筒よりはシリアルナンバー的に少し古いものです。
銀鏡筒にはシリアルから判別して相応な世代のフィルターを付けています。
この黒鏡筒が売られていた頃のフィルターは、Leicaの表記がこの筆記体なのですよ。
型番とLeicaの表記が違うだけで、枠そのもののデザインとガラス素材は全く同じです。
粋な感じにしたいのでこだわって新品の同世代のフィルターを探してきて付けています。

 
06.jpg
取り付け指標の赤ポッチも社外品と思わしきものに変わっています。
実用上は問題ないんですが、気になるのであればライカのカスタマーケアですぐに貼り直してはもらえるものです。
mの文字の隣の10は、下一桁と小数点以下の焦点距離でして、個体によってこの数字が違います。
このレンズの場合は91.0mmなんですね。
ここの数字が同じだからといって、エレメントを他のレンズと一部入れ替えてニコイチにすると描写性能が発揮できなくなります。
数字が違えばピントすら合わなくなるかも。

 
07.jpg
レンズの後玉側から。
バルサム切れなども一切ないんですよ。
こういう奥まったレンズは後玉に手がとどかないので清掃できず、汚れを自力で取り除くのが困難です。
少しだけ汚れ付いてます。まあ、写りには影響無いんですが。
銀鏡筒のも汚れが付いてて取りたいんですけど自分じゃ無理(´д`;)
レンズメンテに出すときに清掃してもらうしかないですねえ。

 
08.jpg
銀鏡筒との比較。
フィルターの文字が筆記体とブロック体で違うのがおわかり頂けるかと思います。
どちらのレンズも実焦点距離表示が10ですねえ。
操作の感触としては、銀鏡筒のほうがガチガチズッシリという感じです。
黒は軽快に動作します。

 
09.jpg
手持ちの似たようなサイズ・焦点距離のレンズを比較。
左から
Elmarit-M 90mm F2.8 フード内蔵最終型 ブラック
Elmarit-M 90mm F2.8 フード内蔵最終型 シルバー
Summicron-M 90mm F2.0 フード内蔵 pre ASPH.
Rollei Planar 80mm F2.8 HFT シルバー
となります。
右3本はどれもメッチャ重たいです(´д`;)

 
10.jpg
Leica M (typ240) シルバークロームに取り付けたお姿を。

 
11.jpg
シルバーボディに黒レンズは違和感なくカッコイイですね。

 
12.jpg
Leica M7 ブラッククロームに取り付けたお姿を。

 
13.jpg
ボディーとレンズの時代も同じですし、黒+黒ということでとてもしっくりきます。
カッコイイですねぇ・・・。
14.jpg
手持ち唯一の黒レンズがアポズミクロン50mmなのですが、数字に墨入れされている黄色の色が少し違います。
直近の現行レンズはちょっとオレンジっぽいですが、エルマリート90mmより前の時代のレンズはどれもこんな黄色をしています。
微妙な違いがあって面白いです。
言わずもがな、写りは素晴らしいです。
・・・が、手元に90mmレンズ3本もあってどうすんねん!(´д`;)って状態ですので、こちらはいつかドナドナするかもしれません・・・。
その時はまたブログにでも書きます。
ライカの中望遠レンズは安価な割にとても優秀なのでついつい集めたくなってしまって危険です。
しかも、手に取った時の物としての充実感も凄くありますし危険な沼の一つだと思うのでした(´ω`)

 
試写その1
Elmarit-M 90mm F2.8 フード内蔵 シルバークローム
Summicron-M 90mm F2.0 pre ASPH. フード内蔵

amazon

 - カメラ・機材, レンズ