Apple iPhone 11 Pro Max ミッドナイトグリーン

   

iPad Mini 5

これまでiPhone Xを使ってきましたが、2年経ってしまい、機種変してもしなくても維持費が変わらないため、せっかくなのでiPhoneでいちばんモリモリスペックであるiPhone 11 Pro Maxに機種変しました。

正直、iPhone Xで実用上の不満は全く有りませんでした。動作速度とか、バッテリーの保ちを含めて。
11 Pro Maxになって体感上の変化は

●バッテリーの持ち時間が明らかに上がった。(液晶がOFFになるまでの時間をかなり長くしたのに、1日使ってもバッテリーの減りがiPhone Xの1/3くらい。)
●カメラの顔認識の性能が上がった。(顔に食いつく感じ。Neural Engineが3世代目になったので、Object Detection系のニューラルネットワークが強力になった可能性が。)
●暗所でのカメラノイズが低減した。(これもニューラルネットワークベースのデノイジングが動いてると思われます。)
●Maxなのでちょっと重たくなった、けど、慣れれば腕が疲れるほどではない。

機種変のモチベーションの99%がトリプルカメラ&ノイズリダクションなので、そこでの進化をメキメキと感じるのは嬉しいです。
Face IDの認識速度が上がったらしいですが、体感は変わらないです・・・w

 

iPad Mini 5

色はボトムズと話題のミッドナイトグリーンにしました。
公式サイトの色を見ると結構緑色に見えますが、現物はそこまでディープなグリーンではありません。
思ってたよりマットな仕上げなので、そこまでキツい緑に見えないです。

 

iPad Mini 5

11 Proのウリであるトリプルカメラ。
超広角がフルサイズ換算の13mm F2.4、
広角がフルサイズ換算の26mm F1.8、
望遠がフルサイズ換算の52mm F2.0
となってます。ってか、52mmは標準だとおもうのですが、まあ望遠と言うことでw

iPhone Xの時でも動画の時のカメラ変更はヌルヌルでしたがますます凄くなってます。
ズームではなく単焦点レンズが3つなので、下手に交換レンズを増やすくらいならiPhoneで凌ぐというのもアリでしょう。
実際、GR IIIが欲しい欲がこのスマホでだいぶ抑え込まれてますw

 

iPhone 11 Pro Max 超広角

色々なサイトで撮り比べされているので今更感ありますが、折角なので3つのレンズの比較を・・・。
Lightroomで多少イジっているのと、レンズプロファイルで歪の補正をしているので、ただの撮って出し比較とは差別化されてるとは思います。

 

iPhone 11 Pro Max 広角

見慣れたiPhoneの画角ですね。

 

iPhone 11 Pro Max 望遠

iPhone Xを使っている人にはお馴染みの画角かと思います。
私がProを選んだ理由として、無印iPhone 11は広角&超広角の組み合わせなんですよ。
ポートレートを撮るなら圧倒的に望遠レンズで、です。なので、望遠が付いていない無印iPhone 11は選択の余地無しなのですよ。
ただ、ユーザーの圧倒的多数が、超広角を「近づかなくても広く写る」って認識でしょうから、使い勝手的には広角&超広角のダブルレンズにしたってのは無難な仕様なのかな・・・と。
超広角で付けられるダイナミクスで写真の面白さを知って、ちゃんとしたカメラに興味をもってくれる人が増えることを祈るばかりです。

 

iPhone 11 Pro Max 超広角

この程度の歪は許せる範囲です。

 

iPhone 11 Pro Max 広角

やっぱ安心する画角ですなw

 

iPhone 11 Pro Max 望遠

こうやって見ると望遠と言われたら望遠に見えなくもない52mm相当ですなw

 

iPhone 11 Pro Max 超広角

自分の影が映り込むくらい近づいてもこれだけの範囲が見えます。

 

iPhone 11 Pro Max 広角

ざ・あいふぉんな見え方。

 

iPhone 11 Pro Max 望遠

結構寄れるので花とか普通に撮れますね。

コンデジ市場を壊滅に追いやったスマホカメラの凄いやつを搭載した機種ですが、カメラ・写真が好きな人ならProを選ぶべきかなーと。
私としては後悔は無く、満足しております。

コ●ナやらなんやらで外出自粛ムードが凄かったり、バンドの練習も軒並み中止になってしまったので、家に籠もってて写真を撮りに行けません(´ω`;)
早く正常な世の中に戻って欲しいところです・・・。

amazon

 - Apple製品