Pokemon GO が始まりましたね

   

いつもカメラネタばかりですが久々に時事ネタを。

世界中を騒がせまくってるポケモンGOがとうとう日本でも配信開始されました。
私もまあ、その通知ををHangoutのメンバーから貰い、速攻ダウンロードしてプレイ開始してます。

このブログ、ライカをメインに扱っているブログなので比較的年齢層も高く、ゲームもやらない方が多そうな感じがしますので、ポケモンGOとはなんぞや?をちょっと書きたいな、と思います。

ポケモンGOが何かを知る前に欠かすことが出来ないのはIngressです。

IngressはGoogle内のチームであったNiantic(今は独立しました)が開発したAR(Augmented Rearity:拡張現実)ゲームです。
Cosina ARなんてものもありましたね。

Google Mapをベースにした世界で2つの陣営に分かれて、領地を奪い合うゲームです。
ゲームなんですが、スマホのGPSを使って現実の座標を使うため、Google Mapで描かれた世界の中を実際の距離だけ移動することになります。

 

L666

街中には、上の絵のような現実の物をベースとしたポータルと呼ばれるものが点在しております。
こちら、ゲームのプレイヤーが写真を撮り、座標を取得し、1つ1つ登録していったものです。
まずはこれを敵陣営から破壊し、奪うこととなります。

 

04

戦いは

青:レジスタンス
緑:エンライテンド

の2陣営で行われます。
基本的に陣取りゲームなので、常時対人戦となります。

XMPバースター、ウルトラストライク、ウイルスなどを用いてポータルを破壊しまして・・・。

 

02

占領します。
占領後、他の同陣営のポータルに対してリンクを貼ることができ、そのリンクで三角形を作るとその真下の面積が領土となります。

簡単な流れはこんな感じなのですが、実際にリンクを貼るには、その飛ばす先のポータルから取得できるキーが必要だったり、色々とルールがあります。
そこまで多くはないのですぐに覚えられますが、非常によく考えられており、奥が深く、スルメのようなゲームです。

 

05

ソフトバンクや三菱東京UFJ銀行、AXA生命、ローソン、伊藤園、オートバックスなどとコラボしており、それらに関連したアイテムなども存在します。

伊藤園なんかは、お茶を売る自販機の隣にお茶を売らない、ただIngressのためだけの自販機を設置したりと狂気じみた力の入れっぷりですw

 

01

訪れたポータルの数、破壊したポータルの数、ポータルを占領した日数、歩いた距離などさまざまな実績がカウントされ、それに応じてメダルが貰え、経験値+メダルでレベルが上がっていきます。
上の画像は、24時間以上の時間を開けず、ポータルをハックし続けると得ることができるソジャーナというメダルの最上級です。
360日間連続ハックで得たオニキスメダルとなり、取得するには最低でも360日かかりますw

 

このイングレスをベースとして、絵をポケモンに差し替え、システムをちょっと変更したのがポケモンGOとなります。

06

Ingressと同じく、Google Mapをベースとした絵の中を歩いていると、ポケモンが出現するので、モンスターボールをぶつけて捕まえます。

 

07

一度モンスターボールに閉じ込めても逃げ出すことがあります。
このパラスは4回もボールから逃げ出し、5回目でやっと捕まえることが出来ました。

 

08

このようにポケモンをどんどんと集めて、ポケモン図鑑を作る、といった遊び方も出来ます。
Ingressは基本的に対人戦しかないので、結構殺伐としています。
揉め事も多数聞きますね・・・。
私も5月頃にとある駅前をメインに活動しているエージェント(プレイヤーのことをこう呼ぶ)と大モメしました。
Ingressは地元のHangout(Googleの運営しているチャットシステム。グループトークも可能。)に所属して活動しています。
そこのメンバーがみなさん一斉にIngressと平行してポケモンも始めたので、私もそれに乗っかることに。

IngressでポータルだったものがポケモンGOでもポータルとなっており、そこでアイテム補給ができます。
対人戦としては、一部のポータルがポケモンジムとなっており、そこを占領することができるのですが、占領者に対して自分のポケモンで勝負を仕掛けることができます。
勝つことができると、自分がそのポケモンジムのオーナーとなることが出来ます。

ただ、ひたすらに自分のポケモンを育てるだけ、種類を集めるだけ、といったプレイスタイルも許される所が面白いかなと。

 

09

Ingressは課金アイテムが無いわけではないですが、狼煙をあげたりして位置を知らせたりすることができるような物とかだったりして、対人戦で有利になる要素は殆ど無いので無課金で遊びつくせます。
どうもポケモンGOは課金アイテムが無いと辛いと海外ユーザーの意見を見てるとあります。

サービス開始から露骨に課金アイテムが並んでいてグンニョリします・・・。
ポケモンを捕まえるための消費アイテムであるモンスターボールや、ポケモンをおびき寄せるおこうなどが冒頭に・・・。

 

正直、ポケモンは低年齢層向けな雰囲気の作りになっています。
Ingressは効果音やALL英語のボイスなど、ハードなSF仕立てです。

雰囲気的には圧倒的にIngressのほうが好きだなあ・・・と。
暫くは平行して遊ぼうかと思いますが、どっちか片方を辞めることになるのかなーと。

写真撮りながらARゲーって、キツイんですよね。どっちかに集中してしまうので。
やはり写真のほうが趣味として優先なのですよ。

ただ、お散歩のお供が増えるのは楽しいので、容量用法を守り正しくお使いください、といったところでしょうかw

amazon

 - マンガ・アニメ・ゲーム , ,