MS-OPTICAL R&D APOQUARIA-G 35mm F1.4 Mマウント が出るようです

      2016/04/14

1024pxアポクアリア35mmF14.jpg

 
宮崎工学研究所さんからアポクアリア 35mm F1.4という新レンズが出るようです。
ライカで最も人気のある35mmという焦点距離で、開放F値はF1.4、しかも後述する魅力的な要素も多く、これは予約だけで完売しそうな予感です。
私も脊髄反射的に予約してしまいました。
レンズ構成は4群6枚のガウス型。初代Summilux 35mm F1.4のレンズ構成にソックリで、絞り羽根の後のレンズが1枚少なくなっただけです。
フィルターを外した時の、マウントから飛び出すレンズ全長が23mmと、パンケーキ仕様。
それでありながら、距離計非連動領域の55cmまで寄れます。
(距離径連動は∞~85cm、非連動領域が85~55cm。LVの付いているM240ならば背面液晶でサッと切り替えて便利に使えそう。)
非球面レンズを採用し、アポクロマート補正済み。
(ついに焦点距離35mmでアポのレンズですよ・・・。)
レトロフォーカス設計+6bitコード対応によるデジタルライカでの撮影を見据えた設計。
8つある空気界面全てにマルチコート。
開放はいかにもオールドレンズ的な雰囲気になりそうなMTFですが、F5.6まで絞ればかなりクッキリしそう。
ライカレンズのような完璧さは無いですが、とても面白そうな写真が撮れそうな雰囲気がプンプンします。
なんだかんだでゾンネタールは今でも手に入らなくは無い状況ですが、このアポクアリアは少数生産だそうですので欲しいなら予約したほうが良いと思います。
後から欲しくなっても、ヤフオクで転売屋から定価の4倍とかで買うはめになるかと思います。
具体的な発売日は未定ですが、今からとても楽しみです(´ω`)

amazon

 - カメラ・機材, レンズ