東谷山フルーツパークへ行ってきた (山崎ズマール試写2)

      2016/04/14

01.jpg

Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
まだまだ足が痛いのが治らないので、東谷山フルーツパークを1時間ほど散歩してきました。
先週十分に出来なかった山崎光学研磨のズマールさんの試写も兼ねてます。
02.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
屋外は大体F5.6くらいの場所に絞りに設定して撮ってます。
ピント箇所は現行レンズと変わらないくらいに良い写りしてくれますね。
03.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
まずは軽く昼食を・・・・。
こちら、開放のF2.0ですが、さすがにズミクロンと違って開放だと中心以外は甘々ですなあw
04.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
フルーツパーク、と言っても果物があんまり実ってる季節でもないのでひたすら緑ばかり。
果物以外のものを撮ります。
05.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
いやー、この後のグルグル感、たまらんです。
これはいいものだ。
06.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
前玉だけ、しかもモノコートですが、緑は良い発色します。
07.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
普段は街撮りばかりなので自然の中を撮るのは新鮮すぎます。
08.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
モミジが結構あるので紅葉してるときにもう一回来てみたいですねえ。
09.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
もうちょっと寄りたい・・・。
10.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
被写体が緑続きなんで、モノクロ仕上げを混ぜることを考えつつ撮ります。
11.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
これまた後ボケが面白い。
蜘蛛の巣はF1.4の最短70cmで撮りたいところです。
後をもっとぼかしたかった。
12.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
ものすごく天気が悪いので涼しい。
木々の中はちょっと寒いくらいです。
13.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
14.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
それにしてもホントにフルーツの木を1枚も撮ってない気がする・・・w
15.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
接写リングが欲しいンゴ・・・。
KIPONの安いやつ買おうか悩みます。
16.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50m F2.0 山崎研磨
いやー、山崎ズマール、良いです。
ピント箇所はしっかりしてるけど、ボケがズミクロンでは考えられないほど暴れてくれるのがタマラン。
ペッツバールの標準域復刻版が今度出ますけど、こいつがあれば要らないかなと。
Lマウントなら距離計連動して速写性も高いですしね。
オールドレンズらしいオールドレンズということで今後も積極的に使っていきたいと思います(`・ω・´)

amazon

 - カメラ・機材, レンズ