ライカM9系のCCDセンサー無償交換が終了します

   

以下、原文より引用

ライカM9 / M9-P / Mモノクローム / M-EのCCDセンサーに関する最新情報

平素より、ライカカメラ製品をご愛顧賜り誠にありがとうございます。
ライカM9、M9-P、Mモノクローム、M-Eの各モデルでCCDセンサーのコーティング層が剥離する事象につきまして、今後の対応をご連絡させていただきます。

2017年8月15日までの期間、本事象が確認できたセンサーにつきましては、改良版のCCDセンサーに無償で交換させていただきます。
2017年8月16日以降につきましては、新品の購入から5年以内に本事象が発生した製品につきましては、無償でセンサーを交換させていただきます。
2017年8月16日以降、購入から5年以上経過した製品で本事象が確認できた場合には、お使いのカメラの機能を維持するために、98,604円(税込)のオーバーホール作業と併せてセンサーを交換させていただきます。
この作業には1年間の修理保証が付与されます。

さらに、本事象が確認された当該機種をお持ちのお客様には、ライカM(Typ 240)シリーズにアップグレードしていただけるサービスをご提供いたします。
アップグレードサービスの内容につきましては、カスタマーケアにお問い合わせください。
なお、上記のCCDセンサーの交換およびアップグレードサービスにつきましては、いずれも上記の対象モデルにおきまして弊社カスタマーケアにて当該事象が確認できた場合のみが対象となります。
本事象が発生していない場合や予防としてのセンサー交換につきましては、上記サービスの対象外となりますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

カメラ内部には、多くの機械部品が存在し、経年のご愛用でこれら部品が消耗したり劣化するとシャッターの機能に影響を及ぼします。
ライカM型デジタルカメラでは、5年前後を目安にシャッターチャージ機構部の調整や劣化した部品を交換するオーバーホールをお勧めしています。

*ライカM型デジタルカメラのオーバーホールには下記の内容が含まれます。
• シャッターチャージ機構部の劣化部品交換と分解清掃
• マルチファンクションホイールの分解清掃
• メインスイッチおよびシャッタースピードダイヤルの分解清掃
• ビューファインダーの距離計調整と簡易清掃
• ベースプレートの開閉つまみの調整
• ベースプレートの保護フィルムの貼り替え
• トップカバー刻印のペイント剥がれ箇所の修正

とうとう来たか・・・、というべきか、今まで無償で良く対応してきたなぁ・・・と評価すべきか。
メカ部分の劣化は確実に進行しますし、おっしゃることは最もだと思います。

むしろ、センサー交換にオーバーホールまでしてこの価格というのは良心的なのかもしれません。1年間の保障も付与されます。
フィルムM型ライカでも、ガチなオーバーホールをすれば10万円は覚悟の世界です。
普通の使用でセンサーを壊したりすると、修理費用はこの倍じゃ利かないですし。

 

センサーが対策済みになっているか否かの判断はファームウェアが1.204であるか否かで確認できたのですが、NEWズマロン28mmのレンズプロファイルに対応させるため、それを入れてしまうとファームウェアのバージョンでセンサーの判別が付かなくなります。
NEWズマロンを使う予定がなく、ファームウェアが1.204の状態の人はそのまま使い続けるほうが良いかもしれません。

もし、今後M9を中古で購入される方は、ファームウェアが1.204の物を狙うべきかと思います。
理由はあえて書きませんが、察してください・・・という事で(´ω`;)

amazon

 - その他, カメラ・機材, ボディ