Nik Collection Silver Efex Proが無料のフリーソフトになりました(使い方など)

      2016/05/03


Nik Softwareから発売されていたSilver Efex Proが昨日2016年3月25日からフリーソフトになりました。
Silver Efex Proはモノクロ写真に特化したRAW現像ソフトです。
元々、ニックソフトウェアは独立した会社だったのですが2013年にGoogleに買収されました。
それからはお値段がお安くなり、Nik Collectionとして複数の現像ソフトとセットで149ドルにて販売されていました。
TensorFlowみたいなモノまでフリーで公開してしまう太っ腹なGoogle大先生、Silver Efex Proまでとうとうフリーソフト化です。
3年前にフルプライスの149ドルで購入した私としては歯ぎしりモノなのですが、まあ、3年間使い込んできたので、そこまで損をした気もしません・・・w
ダウンロードはこちらから出来ます。
新しいソフトの使い方とか覚えるのが面倒くさい・・・という方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に使い方を説明しようと思います。
まず、ダウンロードしてインストールをします。
そうすると、LightroomやPhotoshopのアドオンとして動作します。

 
01.jpg
まずはカラーRAWの時点でやっておきたい補正をLightroomやPhotoshopでやります。
Silver Efex Pro内でも殆どの事はできますが、カラーの時点で色のバランスを弄りたい人は事前にやりましょう。
右クリックなり、Macbook系ならば指2本でタップするメニューでSilver Efex Proを起動します。

 
02.jpg
RAWがSilver Efex Proに読み込まれます。
2400万画素のLeica M (typ240)や、4230万画素のSony α7RIIですと、HDD使用の場合はここがまず重たいです。
SSD搭載のMacbook Proなどでは上記画素数の非圧縮RAWでも5秒ほどで読み込めます。
まずは左側でプリセット現像を選びます。

 
03.jpg
ハイキー、ローキー、増感現像など色々ありますが、仕上げたいイメージに一番近くなるものを選びます。

 
04.jpg
それが終わりましたら、右上で明るさやコントラスト、ストラクチャを弄りイメージに近づけます。
Lightroomみたいなハイライトやシャドウの復元も出来ます。

 
05.jpg
続いて、その下にあるカラーフィルタを選びます。
レンジファインダーカメラでモノクロフィルム撮影をやったことがある人ならばおなじみかつ、どう変わるかも良く分かるかと思います。
絵のコントラストの付き方などが変わります。
一般的に、黄色はモノクロフィルムで常用フィルター的に使います。
赤は空の青色をガッツリ落として雲を浮かび上がらせたい時などに使います。
正直、仕上げたいイメージに一番近づくものをプレビューを見つつ選べば良いと思います。
ライカMモノクロームですと、RAWデータに色情報が無いのでここを使っても変化が起きません。
私は、モノクロ写真をやるのであればライカMモノクロームよりもカラー撮影出来るデジタルM型ライカのほうが逆に有利、としきりに訴えていますが、このカラーフィルターのシミュレートが事後に可能という点があるからです。

 
06.jpg
次はその下にあるモノクロフィルム銘柄を選びます。
ここで粒子感やコントラストの付き方が変わります。
特に粒子感を出したくない場合は選ぶ必要はありませんが、アナログ的な絵に仕上げたいならば色々試すと良いと思います。

 
07.jpg
その下で粒子感などをイメージ通りに弄ることが出来ます。

 
08.jpg
その下は印画紙に焼き付ける際のシミュレートになります。
モノクロといっても、ベースとなるトーンの色が色々あります。
こちらでそれを選びます。

 
10.jpg
その下は紙に焼き付ける際に周辺をしっかりと焼きこんだりする手法のシミュレーションです。

 
11.jpg
レンズの周辺落ちはヴィネットでやります。
画像の枠を黒くしたり、荒っぽい仕上げにしたりするのは画像枠で選びます。

 
12.jpg
最後に右下にある保存を押します。

 
13.jpg
するとTIFFとして書きだされてLightroomやPhotoshopに読み込まれます。

 
14.jpg
Leica M (typ240) + APO-Summicron-M 50mm F2.0 ASPH. RAWストレート現像
RAW読み込んだままストレート現像するとこんな雰囲気の絵が・・・

 
15.jpg
Leica M (typ240) + APO-Summicron-M 50mm F2.0 ASPH. Silver Efex Proで現像(フィルムはTri-Xシミュレーション)
Silver Efex Proで現像するとこんな雰囲気になります。
適当にやったのでバキバキにコントラストが高くて微妙な絵ですね・・・・。
・・・とまあ、そんなに難しくないですよね?
もっと色々と複雑な事もできますが、まず触ってみるのでしたらこの程度の事を知っていれば十分かと思います。
折角フリーソフトになった事ですし、皆さん活用してください!!
モノクロ写真が楽しくなりますよ!!

 
Silver Efex Pro2を導入した時の記事(2013年10月14日)

amazon

 - カメラ・機材, ソフトウェア