2015年冬 丸栄中古カメラ・用品大バーゲン

      2016/04/14

IMG_9975.jpg

画像提供:tomioさん
この冬もとうとう、名古屋の栄にある丸栄にて中古カメラ市が始まりました。
今日の夕方、中京テレビのニュースを見ていたらカメラ市のニュースがやってました。
「本日より名古屋市中区の丸栄にて中古カメラ市が始まり、爆買いの外国人観光客らで賑わいました」
というさわりの文章に、夕食のカレーを吹き出しそうになりましたw
もはや「カメラ愛好家などで賑わいました」とすら報道されない現状は如何なものか(´д`;)
「観光客の中には数百万円購入する人も居ました」とか言ってましたが、これもまあ、カメラ店の方が以前言っていた事がそのまま報道。
その後は、日本人の人のインタビューで、
「製造中止になった物が手に入るのが嬉しい」
「安く買えるのが良い」
とか当たり障りないのが流れた後、押し寄せる中国人に引きつった顔で対応する○ット○カメラのおにーさんが映しだされてニュース終わり。
たしか今年の流行語に"爆買い"が選ばれてたような気がしますが、それがあるにしても、賑わった対象が爆買いの外国人(いわずもがな中国人を指してる)ってのが、如何にこのイベントが終わってるのかを象徴してる気がします。
他は転売の日本人と、一部の熱心なマニアでしょう。
夏に銀座のカメラ店巡りをした時も中国語しか聞こえてこない状況に軽く目眩が。
今まさに、北京の赤色警報やらで大気汚染が酷すぎて首都圏機能を移転するとか言っていますが、彼らはイナゴなので次の場所も食い散らかして同じ状況にするだけでしょう。
この言葉は余り好きじゃないので使いたくないのですが、本当に民度が低すぎる。自分さえ良ければいい、金に物を言わせてやりたい放題。
購入されたカメラ・レンズたちもろくすっぽメンテもされず使い潰されて消えていくのかと思うと悲しくなります。
ライカは「孫の代まで使える」とか言われていましたが、今の私はまさにその孫の代。
出回っているレンズの状態を見ていると、そろそろ限界かな、とも思いますが、みなさんフィルターを付けて使ったり、ネットのおかげで気軽にしかるべき場所でメンテも出せる状態になって、もう1世代くらいは機材を使える状態で残して行けそうな状況にはあるんですが、エネミーさんに渡ったものはそこで生涯を終える気がします。
"熱心な愛好家"としては非常に悲しい現実です・・・。
今回もですが、私はカメラ市はパスしようかなと・・・。
今欲しいレンズが、アポズミクロン90mmのシルバークロームというのもありまして、日本に何個あるの?みたいなレベルの品なのでカメラ市には無いでしょうし・・・(tomioさんに見てきてもらって、やっぱり無かった。)
行きもしないのに記事を書く、とかちょっとアレな感じですが、ニュースが面白かったのでネタ投稿ということで・・・。
※中国人さん、良い人も居ますが、悪い人が目立ちすぎ。
毎日のように見る例)
 中部国際空港方面から来る電車にて
  ・車内に唾やタンを吐く
  ・車内でバカ騒ぎ
  ・車内で大声で通話(日本人にも居るけど・・・)
  ・椅子の占拠の仕方が日本では非常識過ぎる酷さ
今年あった例)
 外食中に
  ・私が一人で食べてる席に来て、私の食べてる物を指差しながらギャーギャー騒いでる
    →どうも同じものが食べたかったらしい。店員さんがオーダーとったあと、平謝りされた。
  ・団体で押し寄せて勝手に机をありえない形に並び替えて外から持ち込んだビールを飲みだす。
   メニュー見て談笑して、そのまま帰った→流石に呆れた
 他国の観光客でこんなの見たこと無いです。
 さすがにエネミー認定せざるを得ないですよ・・・(´д`;)

amazon

 - その他, カメラ・機材