E.Leitz Summar 50mm F2.0 L 山崎光学研磨

      2016/04/14

01.jpg

山崎光学写真レンズ研究所で研磨されたSummar 50mm F2.0を入手しました。
02.jpg
御年80歳以上のレンズですが外装の状態もかなり良い。
レンズも研磨済ということで前玉は無傷。内部のエレメントや後玉にもキズはありません。
チリホコリの混入のみでレンズエレメント状態としては極上の逸品。
03.jpg
単層コーティングされたこの前玉の神々しいこと・・・。
通常のズマールじゃ考えられないですね・・・。
04.jpg
私はレンズ研磨に関してはかなり懐疑的なんですけども、このSummarに関してだけは研磨も許す、というスタンスです。
オリジナルの状態ですと、たとえ前玉にキズが殆ど無いものでもコントラストの浅いモンヤリとした絵になってしまうのが、モノクロ撮影ならともかく、カラー撮影ではあまり好きではありませんでした。
傷だらけのレンズですとそれが更に顕著になって、どうにも厳しい。
傷だらけのズマールは研磨再生してオリジナルを凌駕する性能にする、というのはアリだなと。
05.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50mm F2.0 L 山崎研磨
ピント位置の解像感とか、ズミクロンと見間違えんばかりの写り。
こりゃすごい。
06.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50mm F2.0 L 山崎研磨
後ボケに関してはズミクロンより遥かに暴れてグルングルン系。
こりゃ使える最高のクセ球ですな。
ペッツバールとかでグルグルの収差を意図的に出さなくてもナチュラルにこうなるのは楽しい。
07.jpg
Leica M (typ240) + Summar 50mm F2.0 L 山崎研磨
先の2枚はF2.0開放ですが、これはF3.5まで絞って撮影。
なんてことない絵なんですが、ピント場所を拡大してみると・・・。
08.jpg
100%クロップ
うーん、マンダム。
すさまじい解像度・・・。
こりゃ凄いですわ・・・。
早速試写したいところですが、明日から3泊4日で東京行きなので荷物的に持っていくのが厳しいので本格試写は来週で・・・。
4日間の東京の旅の写真は日曜日の夜にでも更新します(´ω`)
行ってきます~!

amazon

 - カメラ・機材, レンズ