ブログを始めて3年が経ちました

   

01.JPG

Leica IIIc + Sonnar 50mm F1.5 Limited Edition Smount + Kodak Tri-X
日付が変わってしまいましたが、2015年の5月1日でブログを始めてちょうど3年が経ちました。
02.JPG
Leica IIIc + Sonnar 50mm F1.5 Limited Edition Smount + Kodak Tri-X
最初はM6TTLと沈胴ズミクロンで写真を撮り始めたんですが、わずか3年でM240とアポズミクロンという極限の機材にまでパワーアップしてしまいました。
03.JPG
Leica IIIc + Sonnar 50mm F1.5 Limited Edition Smount + Kodak Tri-X
SONYのNEX-5を買って、機材が変わるとこんなに撮れる絵が変わるんだ・・・と愕然とした後にフラリと立ち寄ったカメラ店で見たM型ライカに一目惚れ。
04.JPG
Leica IIIc + Sonnar 50mm F1.5 Limited Edition Smount + Kodak Tri-X
当時はM型ライカこそ至高、バルナックはなんかイモ臭いとか思ってましたが今では逆にバルナックライカのルックスにメロメロです。
05.JPG
Leica IIIc + Sonnar 50mm F1.5 Limited Edition Smount + Kodak Tri-X
フィルムはもう使わない、これからはデジタル1本だ、と誓ってM9を購入したものの、骨董市で出会ったCanonのAL-1を購入したおかげでフィルムに舞い戻ることに。
06.JPG
Leica IIIc + Sonnar 50mm F1.5 Limited Edition Smount + Kodak Tri-X
AL-1の使い方が全くわからなかったので、そういえば以前妻に連れて行ってもらったなあ、というイエネコカメラで使い方を聞いてみようと思ったのが何かの縁の始まりだったのか。
今ではイエネコカメラは毎週末訪れる大切な場所になりました。
07.JPG
Leica IIIc + Sonnar 50mm F1.5 Limited Edition Smount + Kodak Tri-X
それまでライカ一辺倒で国産カメラなんて全然知らなかったけど、沢山のことを勉強させていただいています。
08.JPG
Leica IIIc + Sonnar 50mm F1.5 Limited Edition Smount + Kodak Tri-X
ライカの歴史も大切ですけど、カメラの世界史を知ることが出来き、それらを実際に触ったり、購入して使ってみたりと多くの経験を積むことができました。
09.JPG
Leica IIIc + Sonnar 50mm F1.5 Limited Edition Smount + Kodak Tri-X
先日Kodakのフィルムが再び値上がりし、今度こそ本当にフィルムは終焉か、と思ってしまいましたが、どんなに値段が高くなろうともフィルムの優しさ、暖かさは他に代えがたいものが有り、やめることが出来ません。
10.JPG
Leica IIIc + Sonnar 50mm F1.5 Limited Edition Smount + Kodak Tri-X
どんなに使う人が減ろうとも、フィルムの供給はこれからも細々とでも続くのでしょう。
11.JPG
Leica IIIc + Sonnar 50mm F1.5 Limited Edition Smount + Kodak Tri-X
色々なことを丁寧に教えてくださるイエネコカメラ店主の山中さんは心の師匠です。
イエネコカメラでは沢山の人に出会うことが出来ました。
12.JPG
Leica IIIc + Sonnar 50mm F1.5 Limited Edition Smount + Kodak Tri-X
これからも多くの思い出を刻みこんでいきたい、それが私が写真を続ける理由です。
13.JPG
Leica IIIc + Sonnar 50mm F1.5 Limited Edition Smount + Kodak Tri-X
長らく子宝に恵まれませんでしたが、とうとう授かることができ、7月に第一子が誕生予定です。
14.JPG
Leica IIIc + Sonnar 50mm F1.5 Limited Edition Smount + Kodak Tri-X
子供の大切な1枚目の写真はフィルムにて撮影したいと考えています。
ブログを見てくださっている多くの方々にとても感謝しています。
「ブログ見てます」と声をかけられる事も増え、それが支えにもなっています。
ずっとずっと、楽しく写真撮影を続けていこうと思います。

amazon

 - 日記