M-Rokkor 90mm 1:4

      2016/04/14

ライツミノルタCL用のMロッコール90mm F4.0です。
距離計コロを押すカムがM型用レンズと違って傾斜しているため、無限遠が出ない個体はM型ライカでは使用できません。
この個体はばっちり無限遠が出ます。
中身はまんまエルマーなんですが、銘盤だけがミノルタになっています。あとフィルター径がライツ名義だとφ39に対し、これはφ40.5です。
φ39はフィルターもキャップも手に入れにくく高価なんですが、φ40.5は大抵のカメラ店に取り扱いがあって楽です。
キズは全くなく、クモリも無し。すばらしい状態の個体です。
取説とキャップはあるものの、ゴム製フードは欠品してます。
1954年製の90mmエルマーMと比較。かなり小振りです。この違いは、ボディーにマウントすると取り回しに相当効いてきます。外装の作りは圧倒的にオールドのエルマーが優れています。
でも、デジタルのM9に付けた時、カメラ本体の性能をより活かすことができるのはMロッコールですね・・・。
Leica M9 + M-Rokkor 90mm F4.0
Leica M9 + M-Rokkor 90mm F4.0
イエネコカメラの店主さんと談義中の一枚。
Leica M9 + M-Rokkor 90mm F4.0
次の記事にて、Mロッコールで撮影した写真をペトペト貼ってますので、このレンズを検討している方はご参考にどうぞ。非常に良く写ります。
現行ライカレンズの90mmはさすがに高すぎるんで、1万円台で買えるこのレンズは、性能・値段・サイズのバランスとパフォーマンスが最高だと思います。
でも・・・アポズミ90mm現行品とかもっと綺麗なんだろうな・・・とか思うと欲しくなるのは人間の性でしょうか。

amazon

 - カメラ・機材, レンズ