Sony Carl Zeiss Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z 開封の儀 -1

      2016/12/30

01.jpg

うへえ、タイトルが長い(´д`;)
沢山レンズを放出したので、ソニーツァイスのバリオテッサー16-70mm F4.0 ZA OSSを買いました。
先日ソニーストアでEマウントのツァイス銘のレンズを散々触ってきたんですが、ゾナー銘のレンズのほうが写りが良いなぁ・・・とは思いつつのズームの利便性に勝てずこれにしました。
正直、カールツァイスのレンズだとは思ってません。
ソニー企画でソニー設計のレンズにテッサーの名前を付けてカールツァイスブランドで売ってるだけでしょうと。
しかもこれ、事実ですよねw
Eマウントの標準ズームでこれよりマシな写りをするものが無いからこれにした、という感じですね・・・。
ソニーGレンズとかでもっと良いのがあればそっちにしたんですが・・・。
Eマウントは、このレンズが使いたいからボディを買う!とかいうのがあり得ないと言っても良いくらいにレンズラインナップがクソです。
あのレンズがアダプタ経由で使えるからボディを!という選択肢で買う人が殆どなんじゃないでしょうか?
あとは、お手軽ミラーレスの中でたまたまソニーを選んで、キットレンズのまま使い続けるとw
実は3年ちょっと前にそんな感じでNEX-5を買ったのがきっかけで今のライカ沼にハマったクチですw
ソニーのバリオテッサーというと、ソニー製の安コンデジに付いていて、散々テッサーのイメージを悪くしているレンズです。
果たしてそのイメージ払拭なるか・・・!
02.jpg
というわけで開封の儀を。
こちらがレンズの箱です。
まあ、よくあるソニーのレンズの箱にツァイスロゴが付いてるだけですな。
03.jpg
せっかくなのでT*コーティング付きのCarl Zeiss銘のフィルターを買いました。
ライカ純正のフィルターの1/3のお値段ですよ。
ケンコーとかの高級フィルタとさほどお値段差はありませんのでこれにしました。
04.jpg
レンズの箱を開けていきます。
普通の家電って感じの箱で、ライカレンズの時や、先日のLunarの時のような胸のときめきはありません・・・(´д`;)
05.jpg
中身です。
レンズはプチプチに包まれているだけで非常に簡素な梱包です。
保証書や説明書、あとコシナツァイスのレンズにも付いているサイン入りの品質証明書付きです。
06.jpg
革製ケース。
合皮製ですね。
作りはなかなか良いです。
07.jpg
レンズフードも付いています。
・・・が、ズームレンズにフード付けてもどれだけ意味があるのやら、ですね。
見た目の問題とレンズ保護目的ですなー。
08.jpg
フィルターにも保証書がw
フィルターが自然故障とかなかなか無いすよねw
防湿庫に入れてたら割れた、とかポルターガイストですか(´д`;)
ZEISSロゴ入りのフィルターケースは良いですね!
フィルター、最初からこちらのケースに入れておいてくれればよいのに。
フィルターが剥き出し状態でプラのケースに埋め込まれてて取り出すのが大変&ガラス面に触れそうで困りましたよ・・・。
09.jpg
レンズ面は汚したくないので早速フィルターを付ける。
コーティングはローライのHFTコーティングとか、Elmarit 90mm(最終型)みたいな緑色をしています。
10.jpg
レンズにはツァイスのロゴが。
カッコイイですねこれは。
コシナツァイスレンズもこのロゴ入ってたなー、とは思いますが、鏡筒の面積的に無理そうですね。
11.jpg
左側のリングがMF時のフォーカスリング、右側の幅広リングがズームリングです。
12.jpg
焦点距離を伸ばすとレンズも伸びて行きます。
広角→標準→望遠 で 縮み→伸び するようなのもありますし、レンズ全長が伸びないようなものもあります。
この辺りはズームレンズの構造を勉強すると色々ありまして面白いです。
ズームレンズはこのヒョットコみたいな部分がかっこ悪いから嫌なんですよねえ・・・。
13.jpg
キャップ類やフードは全部SONYロゴでした。
ここもZEISSするぐらいの気合が欲しかったです。

SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS※Eマウント用レンズ(ソニー ミラーレス一眼用) SEL1670Z

 - カメラ・機材, レンズ