iPhone 6 plusをロードバイクに付けるためにMINOURA iH-520-STDを導入

   

01.jpg

これまではロードバイクに乗る時にスマホは携帯しつつも、たまにGoogle Mapを使う程度だったんですが、Ingressにハマってから触る頻度が増えたのでハンドルにiPhoneを固定することにしました。
んで、ミノウラのiH-520-STDというスマートフォンホルダーを買いました。
さらにIngressは電池をやたら食うので、スマホ用充電器も装着できるようにトップチューブバッグも同時入手。
02.jpg
バッテリーはcheer Power Plus ダンボーバージョン。
10400mAhの、1.5回くらいiPhone 6plusをフル充電できる容量です。
トップチューブバッグはIBERAのIB-TB4というやつです。
iPhone 6plusは急速充電対応なんで2.1Aの端子を使うことが多いんですが、バッテリー横側面の中央にあるため、今使ってるLightningケーブルのコネクタが大きすぎてバッグにまっすぐ収まらない・・・。
1Aのコネクタにケーブルを挿せば、充電しつつもバッグに収まります。
余ったケーブルは横にポケットがあるのでそこにしまっておけば邪魔になることも無さそう。
トップチューブバッグってどれも小さいんですよね・・・。
大きいとダンシングするときに膝に当たるらしく邪魔らしいのでこの程度が限界かなと。
04.jpg
STDサイズを買ったら、ビアンキのニローネさん付属のハンドルは結構太くて全然付かない(´д`;)
仕方ないのでミノウラのオーバーサイズのクランプも別途入手しました。
05.jpg
早速取り付けてみます。
06.jpg
ワイヤー類に干渉してあまり地面に水平には出来ませんでしたが、速度重視の人じゃないので空気抵抗とかあんまり気にしないからこれくらいの角度が使いやすいかなと。
03.jpg
マンダム・・・・。
07.jpg
トップチューブバッグもササっと取り付けます。
08.jpg
上位機種ではないため、ブレーキワイヤーがトップチューブ下に剥き出し。
そこを上手いことくぐらせる形で軽く固定。
こういう事が有るとロードバイクもハイエンド車種が羨ましくなります・・・。
でも、超早いママチャリのコンセプトでロードに載ってるのでオーバースペックな車種はどうも・・・。
09.jpg
iPhone 6plusのケースは、普段は左の手帳型のを使っています。
ケース部分が柔らかく、割と脱着が簡単なので、ロードに乗るときは真ん中のシリコン製のケースに付け替えることに。Amazonで400円くらいでした。
最初は右のプラスチック製のやつをAmazonで200円くらいで買ったんですが、あまりに硬くて、頻繁に付け替えするとiPhone本体にキズが付きそうだし、脱着時にボタンに負荷が相当かかるので良くないなってことでお蔵入り。
ペットボトルジュース1本分の損をしました・・・(´д⊂)
これでますますロードバイク&Ingressライフが充実しそうです。
チマチマと走りに行こうと思います(´ω`)

MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-520-STD] スタンダード 22.2mm/25.4mm/28.6mm

MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-520-OS] オーバーサイズ 27.2mm/31.8mm/35mm

IBERA(イベラ) トップチューブバッグ IB-TB4 ブラック

 - 自転車