ライカX1 スチールグレーを買いました

      2016/04/14

買ってしまいました・・・。

というわけで、銀箱開封の儀です。今回は付属品大量の格安なやつをヤフオクで落としました。
正直付属品の値段分だけで中古の本体くらいします。実質本体タダ、とか思ってます。いいの?いいの?と不安になるレベル。
外箱はこんな形で四方に広がります。M9は上から抜いていく形式ですがX1は面白いなあ。
引き出し型の箱が2つ。上段はカメラ本体です。
上段にはカメラ本体が。
中段には充電器、USBケーブル、未使用の革ストラップなど。充電器は各国の形状に変更できるようになってます。が、折りたためないのは何とかして欲しい・・・・。
下段には各国語の取説と保証カードなど。直筆サイン入りの製品チェックしましたという証もあり。
一緒に付いてきた未使用の純正グリップとカメラのヒラノの薄型ネジタイプのボディーケース。
さらにおまけで、KIWIのレンズフィルターアダプター、レンズフード、ACMAXXのLCDアーマー(新品)、シュー付きのThumbs Up(新品)、予備の中国製バッテリー。
本体の液晶面にはすでに保護フィルムが貼ってありました。
軍幹部。無傷でした。
外装にキズ無し。レンズにも指紋やキズ無し。
購入されたのが2010年の1月と保証書にあったのですが、その当時の機種にある電池蓋が0.1mmくらい浮いているという現象がこのカメラにもあります。
ま、ハンドグリップかボディーケース付けるので関係ないですけど。
手持ちのライカ3兄弟。X1はバルナックっぽいですねやっぱ。
軍幹部比較。X1の軍幹部操作はM9使ってると一瞬で慣れます。
D-Lux6の軍幹部の回すところは撮影モード切替なんで、通常撮影では使いません。見かけ倒しです。
使ってないφ49フィルターがあったので、KIWIのフィルターアダプターを付けてThumbs Upとボディーケース装着。すんごい軽い。
せっかくの沈胴式レンズなのにアダプターのせいでコンパクトになりません。自動開閉式のキャップを買うべきか、それとも日本じゃ売ってないけどACMAXXのレンズの銘板に貼り付けるタイプのフィルターを買うか・・・。悩みます。
裏側。ヒラノのケースにThumbs Upを付けると、無理矢理になるため液晶上部がちょっと隠れます・・・・。ケースの剛性がやや気になりますが、上部の革、切断しちゃおうかなあ・・・。
前オーナーのショット数は4万5000でした。レンズシャッターなんでこのくらい使われても問題ないのかなあ?
外装はメッチャ綺麗なんで全然使ってないかと思いきやかなり使い込まれてた。
Leica X1 (JPEG 全部標準設定)
とりあえず撮るような物がないので今週末外で撮ってきます。部屋でドールを撮影してみましたが凄いクールな絵ですね。M9とは全然違います。D-Lux6は所詮パナライカなんで腰の抜けた色味になります。X1はガチンコのMade in Germany、パナライカとは一線を画すで絵作り。
新しいオモチャがまた増えてしまった・・・。
※2013年9月28日追記
 試写はこちら

Leica デジタルカメラ ライカX-E Typ 102 1620万画素 18454

 - カメラ・機材, ボディ