Leica X Vario Typ107を触ってきた

      2016/04/14

名古屋JR高島屋にある男の書斎にライカXバリオが有ったので触らせてもらってきました。

1.サイズ
 ビオゴン28mmを付けた自分のM9よりちょっとだけ小さいくらい。X2と比較するとかなり大きいです。
 レンズはオートフォーカスのためかなり太いです。隣に展示してあったM-Eにくっついていたズミルックス50mmの現行品より2周りくらい太い。長さは同じくらいでしたが。
2.重さ
 X2より遙かに重たい。M-9にシルバー系のレンズ付けるよりは軽い。正直ハンドストラップで使用するのは怖いですね。コンデジというよりミラーレス機のサイズなので、ネックストラップ必須でしょう。
3.背面液晶
 かなり綺麗。マニュアルフォーカスすると中央部に拡大された絵が出ます・・・が、その絵がメチャクチャ荒くてピントきてるの?って感じであわせにくい・・・。ピーク部を赤く染めるとかの設定をONにしないと液晶でジャスピンにするのはきっついかも・・・。
4.操作性
 基本オートで、軍幹部でシャッタースピードをオートかマニュアル、絞りもオートかマニュアルを決められます。X2と同じですね。
 フォーカスリングを回して無限遠でストップするのですが、そこからさらに回すとクリック感がありAFモードになります。AF→MFの切り替えが直感的にできてすばらしい操作性。
 ズームリングには35mm版換算の焦点距離が書いてあり、28mm、35mm、50mm、70mmの所に文字がありまして画角は決めやすい。ここを実焦点距離で書かないところがさすがライカだと感じました。
5.オートフォーカス
 遅いです。手元にあるオートフォーカス機がNEX-5しかありませんが、NEX-5の方が圧倒的に早い。一眼レフなんてもっと早いですからそれに慣れているとイライラするかも・・・?速度的にはX2くらいです。
 MFのM型ライカに慣れてる人がレンジファインダーでフォーカスを合わせるスピードのほうが早いかと思います。自分もレンジファインダーでのピント合わせは慣れてきて相当早いんで、X VarioのAF速度はイライラしますw
6.絵
 背面液晶でしか見ていないので詳しいところは実写レポートを見ていただいた方が良いかと思います。液晶で見る限りは綺麗。
 実焦点距離が18~46mmなんでワイド側だとボケは殆ど期待できません。21mmのレンズを使ったことが有る方なら21mmのパンフォーカスっぷりはよくご存じかと思いますが、それより広角である18mmとか殆どボケません。
最もテレ側である46mmになればそこそこボケます。画角に見合った違和感のないボケが欲しいのであればやっぱりフルサイズ使うしかないですね。
7.総評
 レンズ交換しなくても28~70mmをカバーできるという点で、非常に便利だろうな、とは思います。
 しかしまあ、レンズがやたら太いのでM型のような優雅さは一切無いです。使うための道具!って感じで。
 これなら1/5の値段で買えるミラーレス機の上位モデル買う方がいいのでは・・・とか思ってしまう・・・。
 X2は焦点距離固定という潔さ、小ささ、まあ納得してもよいお値段ということで食指が動きますが、X Varioはどうもなあ・・・。これなら素直にM型使いますよ・・・。
 X Varioを買える金額があるなら、隣に置いてあったSummilux 50mmの現行版買いますw 殆ど同じ値段ですし。
 中途半端感が否めない。せめてセンサーフルサイズで、しかもズームとかなら良かったんですけど、X2にズームが付いて馬鹿でかくなってお値段も2倍近いとか、どうなのかなーと。開放F値も落ちてしまいましたし。
 シルバーのモデルがまだ無いことも個人的には×です。いつかシルバーもラインナップされるのでしょうかね?
 なおさらX2が欲しくなるのでした。

Leica デジタルカメラ ライカXバリオ Typ 107 1620万画素 光学2.5倍ズーム ブラック 18430

ライカ X Vario シルバー

 - カメラ・機材, ボディ, レビュー